腸内洗浄は危険じゃないの?

腸内洗浄による危険な側面

どうしても悪化しがちな腸内環境。これをきれいに整える腸内洗浄。

腸内環境が悪いということは、体にとって良い事なし。
体調面美容面で大きな影響を与えるだけに、なるべくなら常にきれいな状態にしておきたいものです。

ですが、それを実現させるのはなかなか大変なこと…。そんな腸内環境を大きく改善する一つの方法として、腸内洗浄は最適というわけなんですね。

この腸内洗浄は、頑固に留まり続ける宿便をきれいに追い出し、腸内環境を整えて健康を向上させるだけではありません。
ニキビや吹き出物などの肌トラブルの改善、そして宿便がきれいに排出されることでの体重減少ウエストのサイズタウンなど、美容効果ダイエット効果も期待できるのです。

そんなこともあり、最近では医療療法の一つというよりも美容療法の一つと見られている節がありますが、時として危ない使い方をしている人も少なくありません

もともと腸内洗浄は、病気によってなってしまう便秘、つまりは症候群性便秘を改善するために用いられた療法です。
ですから、その施術には専門的な知識を有する医師の指示のもとでおこなわれていました。
技術面だけでなく衛生面でもしっかりとした状態でおこなっていたのです。

ところが最近では、家庭でもできる腸内洗浄キットなども販売されています。
そのため、緊急性を要しない人でも簡単に、そしていつでも使えるようになってきたのです。

腸内洗浄は正しい方法でおこなえば問題はないですが、間違った方法でおこなうと効果がないばかりか、大腸の機能を大きく損なわせてしまうこともあります。
腸内環境を改善するはずが、逆に病気を作ってしまった…まさに本末転倒です。

◇腸内洗浄による危険な側面

自分で腸内洗浄をおこなうことができる市販のキット。

これを使う際はかなり注意して使わなくてはいけません。
慣れないがゆえに、大腸を傷つけてその機能を大きく損なわせてしまう場合もあるからです。

大腸の機能が低下すれば感染症のリスクも高まりますし大腸の粘膜が弱くなって穴が開いて出血、大腸憩室炎をおこすこともあるのです。

また、衛生的な状態でなかったり、しっかりとした消毒ができていなかったりすると、肛門の内部を傷つけて炎症をおこし、これがイボ痔や切れ痔などになってしまうことも…。
さらに最悪な事に、健康を保つ上で大切な乳酸菌や善玉菌なども宿便や老廃物などと一緒に排出してしまうといったこともあるのです。

また、使うに対しても注意が必要です。

腸内洗浄において絶対にやってはいけないのが、水道水の使用です。
水道水にはカルキや塩素といった、安全に飲む為の消毒が含まれています。
普通に飲むのであれば問題はないこの水道水も、体内に直接入れるのは危険極まりない行為。絶対にしてはいけない注意事項なのです。

これが医療機関でしたら、どれもその心配は少なくすみます。衛生的な状態で専門知識・技術に長けた医師がおこない、施術後には腸内バランスを整える為の食事指導や整腸剤などを処方しますから安心です。

ただ、ここで勘違いしやすいのがエステサロンでの腸内洗浄です。

エステサロンは医療機関ではありません。ですから医師も看護婦もいません。
いるのは専門知識にたいして詳しくもないエステティシャン…つまりは普通の人です。研修を受けたといっていても、所詮は素人レベル。
医療現場にいる医師や看護婦とは違うのです。

ですから、エステサロンでおこなうということは、市販されている腸内洗浄キットとあまりかわらないということなのです。

腸内洗浄はメリットもありますが、同時にデメリットもあるもの。
便秘解消にと軽い気持ちで市販品を使うと、大腸を傷つけて深刻な病気を引き起こしてしまうこともあるのです。
それではなんの意味もありませんから、やるからには医療機関はもちろん、市販の腸内洗浄キットでも慎重に選んでおこなうようにしなければいけません。

トップへ戻る