腸内洗浄の危険性

お問い合わせ

誤った方法で行う腸内洗浄は非常に危険です。

腸内洗浄は危険なの!?

腸内洗浄は医療行為です。美肌効果などが知られるようになり、最近では医療療法の一つというよりも美容療法の一つと見られている腸内洗浄ですが、誤ったやり方は非常に危険です。

もともと腸内洗浄は、病気によってなってしまう便秘、つまりは症候群性便秘を改善するために用いられた療法です。その施術には専門的な知識を有する医師の指示のもとでおこなわれていました。技術面だけでなく衛生面でもしっかりとした状態でおこなっていたのです。

ところが最近では、家庭でもできる腸内洗浄キットなども販売されており、緊急性を要しない人でも簡単にいつでも腸内洗浄ができるようになっています。

腸内洗浄は正しい方法でおこなえば問題はないですが、間違った方法でおこなうと効果がないばかりか、大腸の機能を大きく損なわせてしまうこともあります。腸内環境を改善するはずが、逆に病気を作ってしまった…まさに本末転倒です。

腸内洗浄はなるべく医療機関で行うようにしましょう。

腸内洗浄キットを利用する際に注意するポイント

自宅で自分ひとりで腸内洗浄できるキットが発売されています。

恥ずかしいのでなるべく自分でやりたいという人が多いのも事実です。自宅でできる腸内洗浄キットは、一般医療機器という分類で販売されています。

一般医療機器とは?

人体に及ぼすリスクの程度に応じた分類で、問題が生じても人体へのリスクがきわめて少ないと考えられる医療機器です。ほかに聴診器、水銀柱式血圧計などがあります。

適正に使用されで副作用や機能障害が生じた場合でも、人の生命及び健康に与える影響がきわめて少ないものとされています。

使い方をしっかりチェック

使い方をしっかりチェックして、正しい使い方で行いましょう。使い方を誤ると大腸を傷つけてその機能を大きく損なわせてしまう場合もあるので注意が必要です。大腸の機能が低下すれば感染症のリスクも高まりますし大腸の粘膜が弱くなって穴が開いて出血、大腸憩室炎をおこすこともあります


衛生面をしっかり

衛生状況が悪かったり、しっかりとした消毒ができていなかったりすると、肛門の内部を傷つけて炎症をおこし、これがイボ痔や切れ痔などになってしまうことも…。さらに最悪な事に、健康を保つ上で大切な乳酸菌や善玉菌なども宿便や老廃物などと一緒に排出してしまうといったこともあるのです。


水道水は使わない

使うに対しても注意が必要です。

腸内洗浄において絶対にやってはいけないのが、水道水の使用です。水道水にはカルキや塩素といった、安全に飲む為の消毒が含まれています。普通に飲むのであれば問題はないこの水道水も、体内に直接入れるのは危険極まりない行為。絶対にしてはいけない注意事項なのです。

エステサロンでの腸内洗浄は?

勘違いしやすいのがエステサロンでの腸内洗浄です。

エステサロンは医療機関ではありません。ですから医師も看護婦もいません。いるのはエステティシャン…つまりは医療に関しては素人です。研修を受けたといっていても、所詮は素人レベル。医療現場にいる医師や看護婦とは違います。エステサロンでの腸内洗浄は、市販されている腸内洗浄キットを使って行うのとあまりかわらないということを理解しましょう。

医療機関での腸内洗浄が一番安心

腸内洗浄はメリットもありますが、同時にデメリットもあるもの。便秘解消にと軽い気持ちで市販品を使うと、大腸を傷つけて深刻な病気を引き起こしてしまうこともあります。それではなんの意味もありません。

医療機関であれば、どれもその心配は少なくすみます。衛生的な状態で専門知識・技術に長けた医師がおこない、施術後には腸内バランスを整える為の食事指導や整腸剤などを処方しますから安心です。

もし市販の腸内洗浄キットを利用する場合は、しっかり使用方法をチェックし、慎重に行うようにしましょう。

初心者でも安心の腸内洗浄キットはこちら

腸内洗浄メニュー

おすすめ腸内洗浄キット

ページのトップへ戻る